老化防止策|ホルモン補充療法で若い頃の自分に

肌の悩みに応える医療

先生

大阪で、美容上の悩みを持っている方には、美容皮膚科の治療をお勧めします。美容皮膚科では、医療の分野から美容上の悩みの解決の施術や治療を行っており、しわやエラを目立たなくしたり、手軽に二重になれるプチ整形が人気です。

若さを保つ事のできる時代

医者

実際よりも老けて見られる要因の一つにしみなどが挙げられますが、医療技術の進歩などにより実際よりも若く見える治療も行ってもらえる可能性があり、今後も利用を検討される方が増える可能性があると言えるでしょう。専門のクリニックなどを利用する事で、より適切な治療を行う事も可能と言えます。

女性に欠かせない施術

顔

肌のたるみをなくすために用いられているサーマクールという治療が人気です。これは、顔に高周波を照射して、コラーゲン繊維を収縮させて肌を引き締める治療です。術後のダウンタイムもなく、メイクもできるので、女性に欠かせない施術といえます。

加齢による衰えを改善

女の人

ホルモンの減少

年齢を重ねるごとに体力の衰えや記憶力の低下、免疫力、気力の低下を感じる人は多いです。特に女性は40代半ばごろになると更年期を迎える人が多く、それによって体にさまざまな不調が出てくることがあります。老化という自然現象なのですが、この原因の多くは、ホルモン分泌量が減少することです。ホルモン分泌量は、20代をピークに徐々に減少し、40代で急激に減少します。50代以降は20代の頃の分泌量に比べておよそ半分以下になります。この加齢に伴うホルモンの減少を修正できる方法として注目されているのが、ホルモン補充療法です。ホルモン補充療法は、ホルモンを補充することで体を若いころのホルモン量にし、老化や病気を防ぐという美容療法です。

その効果は

ホルモン補充療法を行うことで改善される症状は、例えば外見上のしわやたるみ、肌のハリなど外見上の老化の改善、のぼせやイライラなどの更年期症状の改善、体力や気力の低下の改善などがあげられます。また、生理前に体に不調を起こす、月経前症候群の症状を改善する治療として行われることもあります。ホルモン補充療法は、アンチエイジング目的や女性特有の症状の改善を行う治療といえますが、それらの症状を改善しながら、骨粗しょう症や動脈硬化、認知症の予防にもつながるといわれています。ただ、この治療は誰でも受けることができるわけではなく、乳がんや子宮がん血栓症の人には行えません。その他、慎重に治療を行う必要のある症状もいくつかあるため、経験と知識の豊富な医師に治療を依頼することが重要です。